2008年07月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 悪路神の火(あくろじんのひ)(07/29)
  3. 袂雀(たもとすずめ)(07/28)
  4. 夜雀(よすずめ)(07/28)
  5. 浦島太郎(07/13)
  6. 巨大な人骨(きょだいなじんこつ)(07/04)
  7. 相互リンク募集中!!!(07/02)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
            

悪路神の火(あくろじんのひ)

三重県の猪草が淵という場所に見られる火の妖怪。

主に雨の日に多く見られ地上から60センチ~90センチ位のところをフワフワ飛び回ると言われる。

出合った人は病気になるという言い伝えや、身を縮めて通り過ぎるのを待つと何も起きないという話のほかすぐに逃げ出すと近づいてきて病気になるなどとにかく出会わないにこしたことはないようです。

また近くに行くと病気になることからなにかしらジーナ・フォイロとの関連もありそうです。とくにこのUMAは奇獣型のタイプと発光体のタイプがあり、発光体のタイプなどは極めて近いような感じがします。

※ジーナ・フォイロも出合った人は被爆したような症状になると言われています。

似ている話




スポンサーサイト
            

袂雀(たもとすずめ)

夜雀と同じように夜道を歩いていると後をつけてきて「チッチッ」と鳴く高知県などに伝わる妖怪。二人で歩いている場合でも鳴く声は1人に聞こえることも多く、この妖怪がついてくるときには山犬や狼もついてくることが多いという。ちなみに袂雀は袂に飛び込んでくることからそう呼ばれ、袂に飛び込まれると不吉とされることから夜道で「チッチッ」と聞こえたら袂を閉めて入り込まれないようにするとよい。

また袂雀や山犬、狼などに出会わないようにするには「大シラガ、小シラガ、峠を通れども神の子でなけりゃ通らんぞよ。あとへ榊を立てておくぞよ。アビラウンケンソワカ」と唱え、3本の木の枝を立てればよいとのことです。             

夜雀(よすずめ)

夜道をあるいていると鳴きながら後を追いかけてくると言われ、この鳥に出会うと不吉なことが起きるといわれている。

またこの鳥が鳴きながら山犬や魔物からも守ってくれるとする地方もあるようです。
            

浦島太郎

浦島太郎の話を読むとかなり古い時代から現在・過去・未来と時間の流れやタイムトラベル的な考えがあったのだと感じさせられる。
実際には光の速さに近い乗り物の中では時間の流れは遅くなるそうで理屈では浦島太郎の話はありえそうである。

            

巨大な人骨(きょだいなじんこつ)

全長26メートルという巨大人骨がサウジアラビアやらインドやらで見つかったそうです。バングラディッシュの新聞にも載ったそうですが、そんなに大きくて歩行が出来たのか疑問です。

合成という説や、国家単位での隠蔽などその真意は謎でとにかく胡散臭い感じです。

kyojin


写真を見る限りでは頭部だけで人ぐらいの大きさがあり、形状はどう見ても普通の人間です。奇形にも見えません。

            

相互リンク募集中!!!

世の中の謎に興味のある方、未知生物や怪奇現象のサイトオーナー様で相互リンクして下さる方募集中です。

まだ相互リンクがほとんど無いので、見に来てくれた方で相互リンクしてもいいよーーという方を心よりお待ちしております。

※記事へのコメントにURLとメールアドレスなど書いていただけると訪問してお返事します。違法とかあまりにかけ離れた内容でなければほぼリンクしたいと思ってマース♪             
プロフィール

もんもん

Author:もんもん
ようこそ不思議メモへ!ここでは見たり聞いたり読んだりした不思議な話を書き留めております。

カテゴリー
不思議掲示板

不思議な物や出来事、体験など募集してます。



不思議掲示板入口
最近のコメント
最近のトラックバック
Since 2008/2/9
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
PR1
リンク
RSSフィード
不思議動画
外部の動画サイトに飛びます
ブログ勇者
QRコード
QRコード
友達申請フォーム

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。