2009年01月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 山ちち(01/30)
  3. ガタゴン(01/19)
  4. たませ(01/16)
  5. わいら(01/09)
  6. 白蔵主(はくそうず)(01/03)
  7. 生きた恐竜?(01/01)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
            

山ちち

コウモリがムササビになって、更に年月を経て変化したのが山ちちである。

東北地方に多く、普段は山に隠れ棲んでいて、くちばしがある獣とされる。

夜寝静まると人間の寝息を吸い込んで胸を叩くが、その現場を誰かが見ていたら寝息を吸われた人は長寿になり、誰も見ていなければ次に日に死んでしまうと言う。

『妖怪個人情報』さんのメルマガより

コウモリが何故ムササビになるかはさておき、コウモリのようなムササビのような…さらに、くちばしとくれば…もしかして翼竜か?
東北にも翼竜がいたのだろうか、そんな気になる伝承です。
スポンサーサイト
            

ガタゴン

20090119162503
1992年6月26日に岩手県山形村にて発見された謎の類人猿?のものと思われる足跡。

長さ22センチ幅16センチのこの足跡は未だに何の足跡かは不明であり、その後の目撃情報もないため埋もれて行く話になりそうです。             

たませ

千葉県印旛郡では死ぬ2、3日前になると魂が抜け出して
縁の深い人の所に行くと言われそれをたませと呼んだ
物にぶつかり大きな音をさせたりするが他の人には聞こえない
28歳迄にたませを見ないと「会いましょう、会いましょう」と夜にやってくるとされ
それを恐れて見た事がない人も見た事にしていたと言う

『妖怪個人情報』さんより

いつもメルマガ読んでます(^。^;)

こういう地域伝承ってスゴく興味をそそります。死ぬ間際や直後に離れた所にいる肉親などの前に現れる心霊体験談って良く聞くし、有りえそうですね。             

わいら

ライオンと熊のような身体に鷲のような爪の足4本と翼をもった妖獣。

オスとメスの区別があり、オスは茶色でメスは赤色をしていて体長は約5㍍。

平地には出てこず山奥の岩穴に棲んでいて、主に鳥や獣を食べるが腹が減ると人間を襲って骨も食べ尽くすと言う。(妖怪個人情報さんより)

和製グリフォン?
しかもかなり大きいからビックリである。             

白蔵主(はくそうず)

その昔、山梨県の夢山には子供達を殺された白狐が居て
狐の皮を売り生活していた猟師に対し白狐は宝塔寺の住職である白蔵主に変化し
狐狩りを止めるように注意し金も与えた
そして、猟師が再び金を貰いに宝塔寺へ向かった時に本物の白蔵主を食い殺し
約50年に渡り住職になりすましたと言う
(妖怪個人情報さんより)

※なんだか猟師だけが得する話ですね。住職さんだけ殺され損傷のような気がして気の毒。             

生きた恐竜?

目がまるで作り物に見える恐竜の動画です。
2足歩行型の恐竜のようですが、英語でしゃべっているのでよく分かりません。




ロボットだとしてもよく出来てると思いますが、実物なら大騒ぎになっているでしょうね。             
プロフィール

もんもん

Author:もんもん
ようこそ不思議メモへ!ここでは見たり聞いたり読んだりした不思議な話を書き留めております。

カテゴリー
不思議掲示板

不思議な物や出来事、体験など募集してます。



不思議掲示板入口
最近のコメント
最近のトラックバック
Since 2008/2/9
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
PR1
リンク
RSSフィード
不思議動画
外部の動画サイトに飛びます
ブログ勇者
QRコード
QRコード
友達申請フォーム

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。