スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
            

切り裂きジャック

1888年8月31日 から 11月9日の2ヶ月間にロンドンのイースト・エンド、ホワイトチャペル地区にて売春婦を5人以上メスのような刃物でバラバラに刻んだ連続猟奇殺人犯。また犯行予告を新聞社に送るなど「劇場型犯罪」の元祖となった。

以下が確実にジャックの手で殺害されたとされる人物。

1888年8月31日 メアリ・アン・ニコルズ(42歳)
1888年9月8日 アーニー・チャップマン(47歳)
1888年9月30日 エリザベス・ギュスターフスドッター(44歳)
1888年9月30日 キャサリン・エドウッズ(43歳)
1888年11月9日 メアリー・ジェイン・ケリー(25歳)

特にメアリー・ジェイン・ケリーに関しては皮膚や内臓もバラバラと凄惨を極めた状況だった。

その後もジャックの犯行は続いたとされるが犯行方法がやや異なっているため別の犯人がいるとも考えられている。

また容疑者として以下の人物が有力とされている。

モンタギュー・J・ドゥルイット
教師で精神に持病。
テムズ川に飛び込み自殺。
20世紀半ばになって最も有力視される。

マイケル・オストログ
医者、殺人癖あり。
詐欺の常習犯。精神病のための医療施設に拘留された経験があり。

トマス・ニール・クリーム
絞首台で「自分が切り裂きジャックだ」と言い死亡。
1888年当時はアメリカの獄中にいたためまず容疑者としてはありえない。

アーロン・コミンスキー
殺人があった地域に在住、売春婦を憎んでいた。
目撃者の証言により逮捕されたが精神に異常があり、筆跡も一致しなかった。

ジョセフ・バーネット
メアリー・ジェイン・ケリーと交際していた言語障害のある白人男性。父親は子供時代に死亡。魚の解体を仕事としていた。

また最近では犯行時にまわりに争った形跡が無いため警戒されない女性が犯人と言う話も出ているらしい。

切り裂きジャックの犯行は100年以上も前の真相は謎のままだが、その残虐な行為は様々な作品のモデルとなっている。





            

コメント

非公開コメント

プロフィール

もんもん

Author:もんもん
ようこそ不思議メモへ!ここでは見たり聞いたり読んだりした不思議な話を書き留めております。

カテゴリー
不思議掲示板

不思議な物や出来事、体験など募集してます。



不思議掲示板入口
最近のコメント
最近のトラックバック
Since 2008/2/9
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
PR1
リンク
RSSフィード
不思議動画
外部の動画サイトに飛びます
ブログ勇者
QRコード
QRコード
友達申請フォーム

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。