スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
            

人体から出た鳥

明治31年6月16日北海道高島郡祝津村の佐々木儀三郎氏の遺体を焼く途中に全長約18センチ、足がカエルのようで尾がネズミに似た鳥のような生物が体内から出てきたという。

この話は1898年6月28の「都新聞」に記事として書かれてあったものを要約して書いたものだが、場所や人物名、目撃談などがリアルなだけにその後この鳥がどうなったのかが気になるところ。

ちなみに死者の気が固まって出るといわれる陰魔羅鬼(おんもらき)という妖怪も鳥型なので大昔にもこの事例と同じようなことがあったのではとも思える。
            

コメント

非公開コメント

プロフィール

もんもん

Author:もんもん
ようこそ不思議メモへ!ここでは見たり聞いたり読んだりした不思議な話を書き留めております。

カテゴリー
不思議掲示板

不思議な物や出来事、体験など募集してます。



不思議掲示板入口
最近のコメント
最近のトラックバック
Since 2008/2/9
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
PR1
リンク
RSSフィード
不思議動画
外部の動画サイトに飛びます
ブログ勇者
QRコード
QRコード
友達申請フォーム

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。