スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
            

果心居士(かしんこじ)

室町時代末期に登場した生没年不詳、七宝行者とも呼ばれる幻術師。織田信長、豊臣秀吉、明智光秀、松永久秀らの前で幻術を披露したと記録されているが実在したかどうかは?とされている。

安土桃山時代末期の雑話集『義残後覚』には筑後の生まれとあるほか大和の興福寺に僧籍を置きながらも外法である幻術に没頭したため興福寺を破門にされたといわれている。

また織田信長の仕官になろうと信長の前で幻術を披露して信長から賞賛されたが、仕官は許されなかったと言われている話もあれば、信長から居士が所有する地獄絵を買ってやると言われたところをあっさり拒否し、信長に仕えていた荒川という男がその様子に腹を立て後を付けた末居士を殺害し地獄絵を信長に献上したが絵は白紙であったうえ、数日後には居士が何も無かったかのように町民に地獄絵を使った説教を行っていたという。荒川は、今度は居士を捕らえ奉行所に突き出すも奉行所は居士の理を認め逆に荒川が拷問にかけられ死亡してしまう。
荒川には弟もおり兄の無念を晴らそうと居士を付けねらいついには居士の首をはね、みごと仇を討つが、首を落とされた居士の体が起き上がりどこへともなく消えていったという。

また、江戸時代の柏崎永以の随筆『古老茶話』によると、慶長17年(1612年)7月に、因心居士というものが駿府で徳川家康の御前に出たという。家康は「いくつになるぞ」と尋ねたところ、居士は88歳と答えた。この人物が果心居士であれば、1524年の生まれということになる。

-以下は居士が使ったといわれる幻術-

小泉八雲の『日本雑記』に『果心居士の話』があり、果心居士が絵の中から船を呼び出し、船に乗り込むとそのまま絵の中に消えていったという。

猿沢の池の水面に笹の葉を放り投げると、たちまち笹の葉が大魚になって泳ぎ出した。

男の歯を楊枝で右から左なでると歯が抜け落ちんばかりにぶら下がった。
※逆になでると戻ったらしい。

伏見城の城下で能が催されたときに人が混雑していたため、顎をなでて伸ばし(60センチくらい)人々が驚いている隙に前の席に座る。

松永久秀とはとくに親交があり、久秀が「幾度も戦場の修羅場をくぐってきた自分に恐ろしい思いをさせることができるか」と挑んだところ、数年前に死んだ久秀の妻の幻影を出現させた。

豊臣秀吉に召されとき、果心居士は大広間に一人の女性の亡霊を出現させたが、秀吉がだれにも言ったことのない過去の秘事だったために不興を買い、捕らえられて磔に処されようとしたが、このとき果心居士は鼠に姿を変えて脱出。それを鳶がくわえてどこかに飛び去ったともいう。

※これらは全て奇術の原理で説明できるものであり、「果心居士=奇術師」という説もある。
            

コメント

非公開コメント

プロフィール

もんもん

Author:もんもん
ようこそ不思議メモへ!ここでは見たり聞いたり読んだりした不思議な話を書き留めております。

カテゴリー
不思議掲示板

不思議な物や出来事、体験など募集してます。



不思議掲示板入口
最近のコメント
最近のトラックバック
Since 2008/2/9
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
PR1
リンク
RSSフィード
不思議動画
外部の動画サイトに飛びます
ブログ勇者
QRコード
QRコード
友達申請フォーム

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。