スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
            

モラーグ

ネス湖から60km離れたモラー湖に現れるネッシーと同じような長いクビと背中にコブがあるといわれる謎の巨大生物。

体長は12~15メートルとかなり大きめで、顔は馬の様で頭部には角のようなものが2本あるといわれさらに陸にも上がることが出来るといわれている。

噂ではネス湖とモラー湖は湖底でつながっているためモラーグとネッシーは同一の生物で両方の湖を行ったり来たりしているという話もある。


目撃証言の古い記録は1893年からあるといわれる。
以下は割と最近の記録。(といっても古い)

1930年-小学生たちがゾウよりも大きな怪物が水しぶきを上げて湖に飛び込むのを目撃。

1969年8月16日-小型ヨットでモラー湖を渡っていたウィリアム・シンプソンとダンカン・マクドネルの2人がヨットの後方から近づいてくるモラーグと思われる怪物と遭遇。怪物はヨットに激しく体をぶつけてきたためマクドネルがオールを向けると、オールの先にかじりついてきたという。驚いてシンプソンがショットガンでこの怪物を撃つと怪物は急いで水中に潜っていったという。この事件は新聞で大きく取り上げられ話題になった。

1977年1月-M・リンジが初めて写真撮影に成功。

1983年9月-自転車旅行で通りがかった女性が写真を撮影

ネス湖現象調査局は報告されるモラーグのサイズや特徴を考え、ネッシーと同種類の生物と推定しているという。

元シカゴ大学微生物学教授ロイ・マッカル博士は2億8千年前に絶滅したと言われるタリモンストラムグレガリウムという軟体生物をネッシーの正体にあげている。モラーグもまた同じなのだろうか。

タリモンストラムグレガリウムとされる画像
tari




            

コメント

非公開コメント

プロフィール

もんもん

Author:もんもん
ようこそ不思議メモへ!ここでは見たり聞いたり読んだりした不思議な話を書き留めております。

カテゴリー
不思議掲示板

不思議な物や出来事、体験など募集してます。



不思議掲示板入口
最近のコメント
最近のトラックバック
Since 2008/2/9
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
PR1
リンク
RSSフィード
不思議動画
外部の動画サイトに飛びます
ブログ勇者
QRコード
QRコード
友達申請フォーム

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。