スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
            

以津真天(いつまで)

1334年に紫宸殿上空に現れたとされる巨大な人面鳥。不気味な声で鳴き、宮中から恐れられたが、隠岐次郎左衛門広有に弓で射落とされた。

特徴は広ければ約5メートルあったといわれる大きな翼と鈎爪のある足に蛇のような胴体、そしてノコギリのような細かい歯に人のような顔、さらには口から炎を吐き夜空を赤く染めたといわれる。

『今昔画図続百鬼』、『太平記』などに記録されている。

翼竜を思わせる特徴が目立つ怪物である。             

コメント

非公開コメント

プロフィール

もんもん

Author:もんもん
ようこそ不思議メモへ!ここでは見たり聞いたり読んだりした不思議な話を書き留めております。

カテゴリー
不思議掲示板

不思議な物や出来事、体験など募集してます。



不思議掲示板入口
最近のコメント
最近のトラックバック
Since 2008/2/9
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
PR1
リンク
RSSフィード
不思議動画
外部の動画サイトに飛びます
ブログ勇者
QRコード
QRコード
友達申請フォーム

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。