スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
            

64年間漂流し生き返ったミッシェル・ガヤン

1990年2月にバミューダ海域の沖で、一隻の漁船が漁をしていると海で海で白い袋を見つけたので引き揚げた。中に入っていたのは60代の男性の遺体で、直後に息を吹き替えした。 「ここは何処だ」と言う男性は自分は1926年に死んだという。 とりあえず船員たちはバミューダ島にある病院に向かいカルテを調べてみると、確かに男の言うように1926年にミッシェル・ガヤンという男が63歳でガンにより死んでいたことが判明した。 さらに彼の遺言で、死体は焼かずに布でくるんで水葬として海に流されたということまで分かった。死亡証明書に押してある指紋を照合した結果、本人に間違いはないが、問題は時間の経過である。 ガンで死んで水葬された時から年を取っていないのである。 発見された所がバミューダだけに時間を飛んだのか謎は今だ解明されないままだ。             

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

もんもん

Author:もんもん
ようこそ不思議メモへ!ここでは見たり聞いたり読んだりした不思議な話を書き留めております。

カテゴリー
不思議掲示板

不思議な物や出来事、体験など募集してます。



不思議掲示板入口
最近のコメント
最近のトラックバック
Since 2008/2/9
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
PR1
リンク
RSSフィード
不思議動画
外部の動画サイトに飛びます
ブログ勇者
QRコード
QRコード
友達申請フォーム

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。