スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
            

一目入道(いちもくにゅうどう・ひとつめにゅうどう)

湖の水神であり、河童の親分とする説もある。頭上の皿に一つ目を持つことからこの名がある。非常に好奇心が強い。

名前の読みは、巌谷小波による『大語園』では「いちもくにゅうどう」とされているが、作家・村上健司はこれを誤りとして指摘しており、後述の観音堂が地元で「ひとつめ観音」と呼ばれていることから「ひとつめにゅうどう」の読みが正しいとしている。

<物語>
ある日、一目入道が湖から上がってみると、そこには1頭の馬が繋がれていた。入道は好奇心から馬に跨り、遊び始めた。

そこへ馬主がやって来て、入道は捕らわれてしまった。湖の主である入道も陸上では手も足も出ず「ご勘弁下さい。その代わりにこれから毎晩、瑠璃の鉤で一貫の鮮魚を捕らえて献上します。但し魚を採るのに必要なので、鉤だけはお返し下さい」と言った。馬主は面白がって約束を受け入れ、入道を放した。

翌朝に馬主が湖へ行ってみると、約束通り取れたての魚が鉤に掛けられていた。馬主は喜び、入道が言った通り鉤を湖へ返し、魚を持ち帰った。こうしたことが何年も続いた。

ある日、馬主は悪い考えを起こし、約束を破って鉤を返さずに持ち帰った。すると入道は魚を貢がず、それどころか毎年正月15日に馬主の家を襲うようになった。馬主は一晩中念仏を唱え、危機を免れようとした。こうして入道の祟りが無くなった頃、馬主は観音堂を建て、本尊の白豪(びゃくごう。仏の眉間にあって光を放つという白い毛)に入道の鉤をはめた。

以来、毎年正月15日には一目入道と子分たちが観音堂へ鉤を取り返しに来るようになった。そのために観音堂を守る家では、その日の夜は仏前で一晩中祈祷を行い、観音堂の境内では村の青年たちが護衛を務めることになった。16日朝になると一目入道たちは、彼らを前にして退散して行くのだという。
↑は「ウィキぺディア」より

参考になるサイト・ページ
一目入道(いちもくにゅうどう)
水木しげるの大百怪 第二巻
一目入道
『怪』 -KWAI network- | 一目入道
一目入道/水木しげる妖怪映像原画集・妖鬼化(ムジャラ) | 水木しげるの妖怪画を驚異の映像化! 妖怪動画サイト:妖鬼化(ムジャラ)
一目入道 とは
一目入道(いちもくにゅうどう)
まっくら森 ゲゲゲの鬼太郎 第42話 オベベ沼の妖怪 かわうそ!
2008-10 | 今昔俗百季徒然袋
            

コメント

非公開コメント

プロフィール

もんもん

Author:もんもん
ようこそ不思議メモへ!ここでは見たり聞いたり読んだりした不思議な話を書き留めております。

カテゴリー
不思議掲示板

不思議な物や出来事、体験など募集してます。



不思議掲示板入口
最近のコメント
最近のトラックバック
Since 2008/2/9
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
PR1
リンク
RSSフィード
不思議動画
外部の動画サイトに飛びます
ブログ勇者
QRコード
QRコード
友達申請フォーム

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。