スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
            

イジコ

イジコは、日本の津軽地方を中心とした青森県全域に伝わる妖怪。

本来イジコ(嬰児籠)とは赤ちゃんを入れる藁製の籠を指す言葉であり、妖怪のイジコはこの籠のイジコが真っ赤に燃え上がった姿で現れるという。

この地方のある中学校のそばに多くの木が茂っている場所では、小雨の夜、苦しそうな男の呻き声と共に、アカシアの木の上に真っ赤な火の玉のような姿で現れたという。浪岡町の羽黒平では、昼でも暗い杉林に出没したとされ、人が杉林の付近を通ると、張り裂けるような赤ん坊の産声と共に、杉の木の枝の間に真っ赤に燃えたイジコが現れ、木からぶら下がっているかのように左右に揺れるという。

木に下がって現れるとことから、釣瓶落としやさがりに近い種の妖怪と推測されている。また、出没場所には必ず木があるため、この妖怪が木自体に関係しているとの説もある。

伝承

その1
浪岡町近くの村の老兄弟が馬そりで弘前へ出かけ、村へ帰ってきたところ、道中ずっと元気だった馬が、とある神社のそばで急に弱りだし、遂に座り込んでしまった。いくら手綱を引いても、馬はその場から動こうとしない。
不審に思った兄弟がそりから降りたところ、神社の木々の間に、真っ赤に燃えたイジコの姿があった。兄弟は馬を捨て、その場から逃げ帰ってしまったという。
その2
南津軽郡常盤村のある民家でのこと。夜中に庭の木にイジコが現れ、その中で赤ん坊が泣いていた。家人が赤ん坊を助けようとしたが、赤ん坊はその者に笑いかけたかというと、あっという間に恐ろしい化け物へと姿を変え、長い舌で家人を舐めたという。
『ウィキペディア(Wikipedia)』より

幽霊?なんだか切なくなるような妖怪談です。

            

コメント

非公開コメント

プロフィール

もんもん

Author:もんもん
ようこそ不思議メモへ!ここでは見たり聞いたり読んだりした不思議な話を書き留めております。

カテゴリー
不思議掲示板

不思議な物や出来事、体験など募集してます。



不思議掲示板入口
最近のコメント
最近のトラックバック
Since 2008/2/9
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
PR1
リンク
RSSフィード
不思議動画
外部の動画サイトに飛びます
ブログ勇者
QRコード
QRコード
友達申請フォーム

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。