スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
            

アヤカシ

イクチとも呼ばれる茨城県沖にいた大海蛇。体の表面には油のような粘液が大量に付着しており、鰻を連想させる。ちなみにアヤカシと言う呼名は海上の怪異全般を指す場合もあり、船幽霊や怪火もこう呼ばれることがある。 体長は数kmにも及び船を股がれると通りすぎるまで3時間半はかかると言う。 世界中で昔から良く見られるシーサーペントの類でしょうか?体長数kmは大きすぎです。             

コメント

非公開コメント

プロフィール

もんもん

Author:もんもん
ようこそ不思議メモへ!ここでは見たり聞いたり読んだりした不思議な話を書き留めております。

カテゴリー
不思議掲示板

不思議な物や出来事、体験など募集してます。



不思議掲示板入口
最近のコメント
最近のトラックバック
Since 2008/2/9
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
PR1
リンク
RSSフィード
不思議動画
外部の動画サイトに飛びます
ブログ勇者
QRコード
QRコード
友達申請フォーム

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。